初めてのArt Show

日本に戻って約2週間が経ちました。
日本に一時帰国する直前、私にとっての初めてのArt Show のOpening Reception がありました。絵を通じての友人の一人が、彼が所属するPort Moody Art Centreに、私達日本人の3人展を申し込んだのです。私達は、絵の展示だけを期待していたのですが、センターのマネージャーが、3人展を中心にして「もっと大きなものに」と、From Japan to Canada(日本からカナダへ)をテーマにした大掛かりなイベントを企画したのです。 
そこで私達の絵だけではなく、日本とカナダの文化交流、特に日本の文化を紹介するということで、陶芸・華道・茶道・琴・舞踊・着物の着付け・折り紙などの展示やデモンストレーションが、期間の半ば頃のイベント(Spring festival)の中で行われました。

オープニングの1週間前に、私達は合計約70点の作品を運び込みました。飾り付けや展示は、センターのスタッフが行い、オープニングの当日会場に行って見ると、陶器には花が飾られ、日本文化を象徴する着物の展示などで、華やかな会場が出来上がっていました。
e0026906_2230176.jpg

 Opening Receptionは夕方6時から8時まで。奥の別室には簡単な立食スタイルのご馳走や飲み物が並べられて、華やかなパーティ気分が漂っていました。
私達の絵は、配置よく壁に飾られ、価格も表示されています。
e0026906_22391126.jpg
e0026906_2241496.jpg


今回のArt Showにおいて、この値付けが、私にとっては一番難しいことでした。自由に自分で決められるのですが、他の2人の絵の価格とのバランスを考えて、適正な価格を決めなければなりません。
先輩の絵はやはり存在感があります。一人は和服を着た日本女性の絵、もう一人の友人はロッキーの景色の絵を出展しました。

私は12点の絵を出展しました。↓がその一部(6点)の絵です。
e0026906_22373346.jpg
e0026906_22381361.jpg


絵に買い手がついても、プレートに売却済みの赤い印が張られるだけで、絵は会期(5月11日~6月8日)が終わるまで飾られるようです。

開催初日、Receptionが始まり、来客が増えてところで、Artistsの紹介があり、3人展の私達の他、華道家・陶芸家、その他のArt workを出品した人などが紹介されました。「枯れ木も山の賑わい」という気軽な気持ちで絵を出品した私が“Artist”だなんて!ちょっと緊張した瞬間でした。絵の先輩のお蔭で、私もArtist として紹介されたのです。
そのイベントの直後、私は日本に一時帰国しました。27日(土)にはSpring Festival の一大イベントが行われたのですが、すべて友人にお任せするしかありません。
それにしても、私の代表作となった絵はセンターのマネージャーが選んだのですが、何と拙い絵でしょう。まだ絵を描き始めて間もない頃に描いた絵、どんなに贔屓目にみても上手とは言えない絵に、このセンターの担当者は興味を持ったようです。私にしては、少しは良く描けたと思った絵は、大した評価を得られないようでした。
絵の評価とは、描いた本人にはわからないかもしれません。

私が日本に戻った後、センターの担当者から、バンクーバー新報という日本人向けのフリーペーパ~(無料の新聞)にこのArt Showの記事が載ったという報告が来ました。
私が記者の方からのインタビューを受けて、その時語ったことが新聞に載っていました。
「人がいる絵が好き、人の存在が感じられる絵を描きたい」と答えたことを思い出しました。
そして、5月27日のFestival の前には、センターのマネージャーの方から、パンフレットを作ったというお知らせが来ました。そのプログラムを見ると、Port moody市の市長さんまで出席されると書いてありました。このセンターのプログラムマネージャ―の意気込みが感じられました。

27日の翌日、出席した友人が写真を送ってくれました。着物の着付けや琴、日本舞踊・華道・折り紙のデモンストレーションの様子を、その写真によって垣間見ることができました。

このイベントが終わった後もしばらく、私達の絵は飾られているはず。私達の絵を見て下さった人達、少しは楽しんで下さったのでしょうか。
描く時間が楽しくて始めた絵、まさか不特定多数の大勢の人の目に触れるとは思っても見ませんでした。
でも絵を描くことは私の趣味、やはり描く時間を楽しむために、絵を描き続けようと思っています。
[PR]
by amtask | 2017-05-30 23:04 | Comments(4)
Commented by rabbitjump at 2017-06-02 19:28
amtaskさん、素晴らしい作品沢山展示されたのですね。
着物姿の絵もいいですね、皆様とてもお上手ですね。
amtaskさんの雪の絵が2点とも好きです。
やはり人のいる風景に魅かれます。

今のところ諸事情から、描く気力なしですが、
amtaskさんのような気持ちになれるといいなと思っています。
Commented by amtask at 2017-06-03 21:26
rabbitさま
こんばんわ。
見て下さって有難うございます。
私も、雪景色が好き。それで雪景色の絵、描きました。
シルビアホテル、その前を通るたびに写真を撮るのは、
とても気になるホテルだからです。
何の変哲もない古いホテルですが、季節が変わる度に
番う景色を見せてくれます。
rabbitさんも絵を描いて下さい。
描いているうちに元気になれると思います。
Commented by toshi-watanabe at 2017-06-06 08:48
立派な展示会に作品を出品され、
素晴らしいです。
これは何よりの励みになりますね。
これからも精進され、素敵な絵を描いてください。
Commented by amtask at 2017-06-06 10:41
toshi-watanabe様
おはようございます。
押入れの中で眠っていた作品を、飾って戴けれるチャンスに恵まれました。
描く時間を楽しむだけでなく、見て戴く楽しみも味わうことができて感謝です。
いつかtoshiさんにも、見て戴ける機会があるといいのですが。
<< Japan Rail Pass... 海王丸がやってきた❕ >>