Japan Rail Pass の旅 その3

秋田 乳頭温泉と田沢湖への旅

能登半島の旅行から戻った翌日、秋田県の乳頭温泉へ行きました。
最初は、ゆっくりお昼近くに東京駅を発つ新幹線に乗り、夕方目的地の乳頭温泉に着けば良い、と考えたのですが、早めに行って鄙びた温泉をゆっくり楽しむことにしました。

当日、東北新幹線「こまち」に乗り、午後1時過ぎに田沢湖駅に着きました。以前角館に行った時にもこの特急列車に乗ったのですが、田沢湖駅に降りたのは初めて。遠くに見える山にはまだ少し雪が残っていました。
e0026906_18144965.jpg

降りてすぐ、観光案内所でバスの切符を買い、乳頭温泉行きのバスに乗って約40分。乳頭温泉の一番奥にある蟹場温泉に着きました。バスを降りて、旅館に辿りつくと、セミの鳴き声のような音が響きわたってました。通りかかった男性に聞いてみると、「自分も今日来たばかりで分からない」というのです。後に旅館の人に尋ねて蛙の鳴き声だと判明したのです。蛙の声、聞いたことがあったかどうか覚えていないのですが、ここの蛙の声はとにかく大きかったのです。
e0026906_18153277.jpg

チェクインの時間は3時からですが、2時にチェックインして部屋の通され、一休みして近くを散策することにしました。
私達の部屋は12畳の和室、2人なので広すぎるぐらい。窓からは木々の新緑がきれいです。
e0026906_18161587.jpg

身軽になって外に出てみると、きれいなピンクの花が咲いていました。どこか見たことのある花、数年前東北を旅した時、白神山地を歩いた時に見た花だと気が付きました。
e0026906_18171178.jpg

少し歩くと渓流や橋があり、山深いところに来たのだという実感が感じられました。
e0026906_18375746.jpg

旅館の傍の山道の入口にはいろいろな標識があり、乳頭山に入る時の注意などの他、「熊に注意」というのもありました。先日のテレビで、「筍とりの女性がクマに襲われた」というのを思い出しました。あれも秋田県、そう思うと急に怖くなったのですが、熊に遭わないことを願って行くしかありません。
e0026906_1819726.jpg

それぞれ温泉旅館には特徴があるようで、外観・環境も違うようです。大きな音とたててて流れる渓流の音が聞こえる旅館もあったり、熊が出そうなところもあったり、私が予約したのは蟹場温泉。その昔、沢で蟹が沢山獲れたので「蟹場温泉」と名付けるられたとか。
e0026906_1836225.jpg

遊歩道というので、もっと歩きやすい歩道を想像していたのに、この遊歩道はまるで山道を歩くような感じでした。
e0026906_1820920.jpg

乳頭温泉の集落を一周するのに1時間半ぐらい歩き、夕方前に旅館に戻りました。
夕食の時間まで時間はたっぷり。この旅館には露天風呂が2つ。大きい露天は混浴。小さい露天は女性用です。その他屋内のお風呂が2つ、岩風呂と木風呂があり、これはそれぞれ、男性用と女性用に分かれています。
その日の夕方は大きめの木風呂に入りました。とにかく古い温泉、木の浴槽は黒光りしてヌルヌルした感じでした。本当に鄙びた温泉で、しかも私独りで独り占め。
入浴後、一休みして、食事が用意された、ダイニングに行きました。畳の大広間に私達含めて4組の食事が用意されていました。
上げ膳据え膳と言いますが、何も考えなくて何もしなくて食事が用意されていることだけでも嬉しいのですが、今日のお任せのお料理は秋田の食材を使った料理が並び、味も良く完食できました。
e0026906_18215242.jpg

食事が済んで部屋に戻り、テレビを見ながらうとうとしたのですが、時計を見るとまだ8時半。私の日常では、今頃夕食を食べている頃ですが、旅の疲れもあり、9時には寝てしまいました。

翌朝、早く目が覚めたので、露天風呂に行ってみました。大きい方は見ただけ。
e0026906_1823146.jpg

私が浸かったのは女性用の小さいほうの露天風呂。この時も私独り、大きな木のお風呂があるだけでしたが、浴槽の傍に聳えるぶなの木を見上げながら温泉に浸かるのは、とても良い時間でした。
e0026906_18234389.jpg

入浴後は、朝食をとり、チェックアウトを済ませ、田沢湖行きのバスに乗りました。

乳頭温泉と田沢湖駅の間に田沢湖畔があり、そこでバスを降り、湖畔を歩いてみました。
田沢湖に来たのも初めて、日本一深い湖だということで、きれいな水の色の湖です。
バスを降りた何組かのカップルは、遊覧バスの乗り場に行きましたが、私達は湖畔の遊歩道を歩くことにしました。
e0026906_18261366.jpg

人も少なく静かな湖畔の散策は、とても気持ちの良いものでした。
e0026906_1826556.jpg

しばらく歩くと、ボートのようなものが水辺に乗り捨てられていました。その辺りはキャンプ場になっていたのです。湖の遊歩道もここで終わっているので、元来た道を引き返すことにしました。
e0026906_21484413.jpg

雨もポツポツ降ってくる気配なので、バス乗り場に行き、田沢湖駅行きのバスに乗り、東京行きの新幹線に乗り込んだのです。
また新幹線の時間を繰り上げてもらったので、予定より早く東京に着き、無事に1週間の
Japan Rail Pass の旅を終えることができました。
[PR]
by amtask | 2017-06-22 18:52 | Comments(4)
Commented by rabbitjump at 2017-06-27 09:15
↓能登半島の旅、すいていて今頃行くのがいいのでしょうね、
それにしても限定20食がそんな時間でも残っているとは
やはり人が少ない?
フル回転のお出かけ、羨ましいです。
棚田も沢山みることができてよかったですね。

乳頭温泉、変わらぬ光景です。鳴き声、野鳥ではなくカエルの合唱^^
のどかな風景が続いてこちらものどかな気分で拝読いたしました。
熊が出てきそうな雰囲気ですが、出会わなくてよかったです。
Commented by amtask at 2017-06-27 09:45
rabbitさん
東京はすっかり梅雨空ですね。
念願かなって、能登半島行きました。
もう一つ、海を背景にした棚田も見られて良かったです。

それにしても新幹線が行かないところは、距離は近くても不便で遠いという事。輪島へは以前鉄道があったのに、今は廃線になっていると聞いて驚きました。

秋田のこの辺り、実家の父の郷里の近く、何となく馴染める場所です。
蛙の声、大きくて金属的な音でした。
熊に出会わなくてよかったです。
Commented by toshi-watanabe at 2017-06-29 09:36
こんにちは!
バンクーバーに向けてもう出発されたのでしょうか。
Japan Rail Passを利用されて、
十日町、能登、乳頭温泉と素敵な旅をされましたね。
越後湯沢には家内の実家があり、毎年お盆などに出かけています。
以前に比べるとすっかり寂れてまいました。
高崎と長岡の間は従来通りの上越線が走っています。
越後湯沢と六日町との間は、ほくほく線も上越線を使っています。
したがって石打駅は上越線です。
以前、森吉山に登り、高山植物の花々を見ての帰り、田沢湖に立ち寄りました。
湖畔で秋田犬を見たのを記憶しています。
最近は熊やイノシシなど野生動物が人里に現れ、山道を歩くのも要注意です。
今度は年末にお会いするのを楽しみにしています。
Commented by amtask at 2017-06-29 09:51
toshi watanabe様
おはようございます。
何回も越後湯沢に行っていたのに、ほくほく線に乗ったのは初めてでした。
棚田だけではなく、新しい発見があり、興味深い旅でした。
これから成田に向かいます。
また秋にお目にかかれるのを楽しみにしています。
<< 真夏のバンクーバーに戻りました Japan Rail Pass... >>