バンクーバーに戻り2週間が経ちました –カナダデイの2日間

早いもので7月も半ば。6月末にバンクーバーに戻った私は、何をして何を見たのでしょう。
まず、時差ぼけの真っ只中で、カナダデイを迎えました。今年は150周年の特別な年なので、いつもの年は7月1日の1日だけでパレードと花火が終わってしまうのに、今年は1日が昼間はイベント、夜は花火。2日目がパレードと、2日間かけて行われました。
カナダデイ初日は時差ぼけでしたが、仕方なく食料の買い出しに街に出ました。
e0026906_4313425.jpg

夕方、アパートの窓からの見える海には、クルーズ船が通ったり、花火を見るため数多くのヨットやプレジャボートが集まってきたり、海の上の賑わいからバンクーバーの真夏を感じました。
e0026906_432470.jpg

夜は花火の音に誘われて、アパートの下の通りに降りてみただけ。ほんの少し花火が見えました。
e0026906_4322954.jpg


2日目は時差ボケも少し回復し、夕方日本から夏休みをとってバンクーバーに来ていた友人達と一緒に、我家に近い通りでパレードを見ました。
150周年の特別なパレードだというのに、それほど混んでいないので、道路の縁石に座ることもできました。しばらくして空いていた理由は、強い陽射しのせいだと気が付きました。通りの反対側は何重にもなった人垣でいっぱい、日陰だったからです。
パレードのスタートは午後5時から、夏は10時まで明るいバンクーバー。日が陰るまでちょっと辛かったですが、カナダデイのパレードを初めて見る友人が楽しそうに見ているので、いつもは半分ぐらい見て引き上げるのですが、最後まで見てしまいました。

最初はいつものPoliceのオートバイの行進など。
e0026906_4331019.jpg

後半に2つの日本のグループが出場したので、見た甲斐がありました。日本人のグループは、御神輿を担ぐ櫻会と、総領事が載ったトラックの後に続く浴衣姿の盆踊りグループで結構盛り上がっていました。
e0026906_4334326.jpg

e0026906_4343164.jpg


最近テロを警戒する風潮がバンクーバーでも感じられますが、今年のカナダデイには英国皇室からもチャールズ皇太子とカミーラが訪問されていることもあり、日本領事館から警戒するようにとのお知らせがありました。でも無事にカナダデイの2日間が終わって良かったです。いつまでも平和なカナダ・日本そして世界でありますように!
[PR]
by amtask | 2017-07-16 04:44
<< 蓮の花を見に、スタンレーパーク... 備忘録―日本滞在中、東京で見たもの >>