夕方のハイキング

UBC(ブリティッシュコロンビア大学)のキャンパス内にある新渡戸ガーデンを出たあと、バンクーバーで一番夕陽がきれいなところ、という海岸にいってみることにした。その海岸は、Pacific Spirit Regional Park内にあり、キャンパスを出て、すぐだという。時間は6時近いのに、まだ明るい。「すぐ」だと聞いて、気軽に行ってみた。 確かにその公園の入り口は、道路を渡ってすぐだった。でも、公園の入り口を入り、海岸への道を見てびっくり!鬱蒼とした原生林の中を見下ろすと、狭い階段のある急な下り坂があるだけ、その先は見えない。
降り始めると、階段は何度曲がっても、なかなか目的地に着かない。とにかく降りるしかない。
たまに登ってくる人と、狭い階段ですれ違う。夢中で降りてやっと海岸に辿り着いた。ということは、大学の敷地は、随分高い丘の上にあったのだ。
※Spirit Regional Park:763ヘクタールの広大な広さがあり、UBCの広大なキャンパスを囲み、50km以上のトレイユがある。
e0026906_7205558.jpg

その日、折角夕方来たのに、曇っていて夕陽は見ることができなかった。海と雲が一体になって、水平線が見えない海だった。私達の他は、女性3人のグループが一組遠くにいるだけ。
e0026906_735871.jpg

しばらく荒涼とした海を眺め、また階段をひたすら登った。降りるより登る方が、かなりきつく感じられた。時々立ち止まっては休み、ようやく丘の上のUBCのキャンパスに戻った。約1時間のハイキング、時間はまだ7時で明るい。また桜を眺め、道に咲く花を見ながら、帰路についた。
暗くなる頃、アパートの近くまで戻り、近所のレストランのお庭に、巨大なマグノリアの木を飾ったイルミネーションを見た。日本庭園を見て、日本的な感覚に慣れた目には、このイルミネーションは異様に映った。花も遠めには桜に見えるが、ピンクのマグノリアの大きな木、ちょっとマグノリアが可哀想な気がした。やはりここは日本ではない、と感じてしまう光景だった。
e0026906_7353119.jpg

[PR]
by amtask | 2007-04-15 07:37 | Comments(10)
Commented by pandagohan at 2007-04-15 09:27
せっかくの美しく咲くマグノリアの木にイルミネーションは美しさを消してしまいます。
せめて下から照らすライティングにすると白い花が浮かんで幻想的に見えるでしょうに・・
でもカナダの植物はそんなこと構わないよと言うくらい逞しいのかしら。

キャンパスから海岸までのハイキング、良い運動でしたね。
こういう上り下りは腰痛予防になるそうですよ。頑張って!!
Commented by rabbitjump at 2007-04-15 11:35 x
すぐと言われて歩いてみると、、広大なカナダとは違いますが、
田舎も時々そういうことがよくあります。
すぐだから、と言われていってみるととんでもない、、
いけどもいけども^^~。

彫刻の椅子があったり、随分整備が行き届いていますね。
2人じめの海をみられるなんていいですね。

階段は下りるときの方がすいすいと、らくなようですが
登る時より気をつけないと足を痛めるとききました。
気をつけて、足腰鍛えて、、いくつになっても自分の足で
どこへでも行きたいですね。願望です^^
Commented by banban0501 at 2007-04-15 17:56
最後の写真のイルミネーションの感覚は 日本人にが なんだか縄に巻かれているように見えてしまいますね 桜の木はこんな風になったら 悲しいですもの。やはり ライトアップが一番素敵です。
Commented by amtask at 2007-04-16 01:27 x
panda さん 
おはようございます。ハイキングはほとんど階段の降り登りでしたが、
不思議と、翌日腰痛は出ませんでした。私も腰痛もちなのですが・・・
確かに、健康には良いようです。

マグノリアのレストラン、よく前を通るのですが、一度行ってみようと思っていましたが、ちょっと躊躇してしまいます。コメント有難うございました。
Commented by amtask at 2007-04-16 01:35 x
rabbit さま
「すぐ」とか「近い」という言葉、人や国によって違いますね。
カナダやアメリカの「すぐ」は、私達日本人の何倍になるのでしょう。

最近、花がきれいで、近所を散歩するのも1時間の積りが、2時間半も歩いてしまい、帰宅後腰痛がでたりすることがあります。
いつまでも自分の足で歩いて楽しみたいですね。

Commented by amtask at 2007-04-16 16:12 x
banbanさま こんばんわ。
日本的な庭園を見て来た後なので、余計に違和感を感じました。
このレストランはイタリアンなのです。ある国の人が見れば、素晴らしい思うのでしょう。でも日本人の私、「マグノリアの木が何だか可哀相!」と思ってしまいました。自然のままで美しいのに、無理やり、けばけばしいドレスを着せられた女性のように見えてしまったのです。美しさに対する感覚も国によって違うようです
Commented by 浮遊子 at 2007-04-16 17:08 x
こんにちは 日本は しばらく雨で花冷え(ことばだけは綺麗ですが・・)の日が続きそうです。
UBCのキャンパスは広いのですね。地図を頼りというところが凄いですね。
新渡戸稲造氏の庭園 よく手入れされて美しいですね。
どこかの外国の日本庭園がさびれている(ロスでしたかしら?)という
報道を見たので 余計日本人としてうれしい♪です。
新渡戸さんはお札のイメージしかないですが・・!
マグノリアのセンスにはちょっと可笑しかったです♪
(文化の違いでしょうか笑)
それにしても見事な大木ですね。
Commented by はっちゃん at 2007-04-16 21:20 x
こんばんは(?)
浮遊子さんが書いているように今日からしばらく寒そうです。
先週土曜日は夏を思わせるほど暖かかったのに・・・

こんな原生林の中を歩いたら、さぞ気持ちが良いでしょうね。
でも、行きはヨイヨイ、帰りは???だったのでは?
私、この頃平地は良いのですが、登りと階段に弱くて(@_@;) 運動不足なんでしょうね。
こんな気持ちの良いところが近くにあったら、いくらでも歩くんですけど(^_-)-☆フフッ

う~ん!このマグノリアの木はチョット、チョットです(~_~;)
でも、すごい花付きですね。どんな種類なのかしら?
Commented by amtask at 2007-04-17 07:00 x
浮遊子さん
こんにちわ、週末は良いお天気だったのに、今日は冷たい雨です。
今八重桜とマグノリアが競って咲いています。マグノリアは色・花の大きさがさまざまで、大きいというより、巨大な花を見たことがあります。木も大きく、遠くからは桜と見間違えるような大木もあります。

ハナミズキは私達の住んでいるBC州の州花なので、ないはずはないのに、今まで気が付きませんでした。、先日、ハナミズキに似た花が道路に落ちていたので、拾ってみました。ちょっと日本の物とは違うのすが、多分ハナミズキだと思います。
余りに木が大きくて、花が道路からは見えなかったのです。それほど、こちらの木は大きいのです。

Commented by amtask at 2007-04-17 07:08 x
はっちゃん
土曜日や日曜日でも、公園や林の中は、人が少なくて淋しい時があります。淋しいというより怖いような・・・
最近、歩き過ぎてしまい、足腰が痛いことも。過ぎてはいけないですね。いつまでも、興味のあるところ、きれいなものを見に、自分の足で歩いていけるよう、気をつけなければと思います。
<< まだまだ続く桜の季節―散る桜と咲く桜 まだまだ続く桜の季節―ニトベメ... >>