ひとり言ーカナダで治す風邪

先週は風邪に悩まされた一週間でした。
まず、風邪は突然の激しい喉の痛みから始まりました。 その夜は良く眠れないほどだったので、翌日、予定をすべて返上し、家で休養をとることにしました。風邪はひき始めが肝心と休養したのに、日替わりで症状が進むのです。咳が出始めると急に病人になってしまった気分。このような状態が1週間続いたあと、最近ようやく快方に向いました。
去年もカナダで風邪をひきましたが、今年の風邪の方が辛かったように思います。この冬、カナダは異例の寒さが続いたので、風邪が治りにくかったり、再発する人も多いという報道があります。また、毎年カナダ人の72%がこの時期に風邪をひき、平均して年2回風邪をひくという統計もあるのです。バンクーバーでは、冬でもマスクをかけた人を見たことがないので、カナダ人は風邪をひかないのかと思っていましたが・・・、

カナダに移住して不思議に思ったことの一つは、マスクをかけた人がいないことです。
咳が出る時、風邪を移されたくない時、冷たい風をよけるため、マスクをかけたいと思うことがありますが、ここではマスクをかける勇気がありません。というのは、カナダの病院で働いている日本人の看護婦さんから、彼女が風邪でマスクをかけて出かけたところ、「なぜマスクをかけているのか」と道行く人々に尋ねられたという話を聞いたからです。日本では冬や、花粉症の季節になるとマスクをする人が多いので何の違和感もないのですが、ここではマスクをかけた人を見ると、何か危険な伝染病でも流行ったのかと恐怖心を持つようです。もし数人の日本人がマスクをかけて道を歩いたら、きっとパニックになるでしょう。

風邪の治し方も日本とはかなり違うようです。日本では風邪がちょっと酷くなるとお医者さんに行く人が多いですが、行けば必ずといって良いほど数種類の薬が処方されます。ところが、ここでは、肺炎にでもならない限り、「風邪に効く薬はない。チキンスープでも飲んで寝ていなさい」と言われるそうです。特に抗生物質は病状が悪化しない限り、出さないそうです。また子供用の咳止めの入った風邪薬は、発売禁止になったという話もあるほど、薬害には神経質なのです。

たしかに日本でも風邪に効く薬はないと言われていました。日本で売られている風邪薬も、結局は風邪で起きる症状を緩和するだけ、風邪は自分の自然治癒力で治すしかないのです。
それでも、風邪が長引き症状が酷くなると、つい日本人の癖が出て薬に頼りたくなる私、
カナダの風邪薬を調べてみました。ネイティブインディアンが免疫力増強のために飲んだというハーブが風邪薬として売られていることを知り、ドラッグストアで買ってみました。解熱剤のような即効性はなさそうですが副作用がなく、体質改善に役立つ穏やかなハーブだというので安心して飲んでいます。
たしかに薬の副作用を考えれば、カナダ流の風邪の治し方の方が、必要以上に薬に頼る日本より安全だと思います。
日本の医療システムに慣らされ、即効性ばかりを追い求め、必要以上に薬に頼るようになってしまった日本人は、知らず知らずのうちに薬害に蝕まれてしまうかもしれません。
急いで症状を止めても、自分の治癒力で風邪を治さない限り、また再発すると考えるカナダ流に従って、私も風邪をひいたら「休息をとりなさい」という体からの警告ととらえ、チキンスープでも飲んで、のんびりすることにしようと思います。
e0026906_17475029.jpg

エキネシアという植物について調べたところ、その花は夏にから秋にかけて、近くのスタンレーパークで良く見掛ける花でした。写真は去年8月、何気なく撮ったものです。美しいと言うより強そうな植物で、日本では見たことがありません。まさかこの植物にこんなに素晴らしい効能があるなんて、写真を撮ったときは思いもしませんでした。その効能とは次のようなもので、先住民の知恵・大地の恵みの偉大さに驚きました。

〈エキネシアの効能〉
エキネシアは北米原産のキク科の薬用植物で、天然の抗生物質と言われ、風邪、インフルエンザなどの感染症、また腎臓及び泌尿器感染などの急性の感染症によく作用します。そして免疫力増強にも効果があります。北米の先住民は、エキネシアをヘビに噛まれた傷口に塗ったり、荒れた喉や歯痛に根の部分を使いました。近年、ドイツで研究・開発された結果、免疫力を高める効果があることが確認され、風邪・インフルエンザの治療薬として欧米でも注目されています。
また、1972年、マウスを用いた動物実験で、エキネシアの抽出液が腫瘍の拡大を止めたことも実証されました。
[PR]
by amtask | 2009-02-09 17:51 | ◎ ひとり言 | Comments(2)
Commented by はっちゃん at 2009-02-10 21:37 x
amtaskさん
お風邪大変でしたね。お大事にしてください。
でも、バンクーバーで風邪を引いて風邪の対処法を勉強してしまうところがamtaskさんらしいですね。
マスクは日本独特というわけでもないのでしょうが・・・
確かに外国でマスクをしているとビックリされると言う話は聞いたことがあります。
たまたま昨日孫が風邪を引いて熱を出しました。
医師に寄って、自分の力で克服する方が風邪が速く治ると言って解熱剤は飲ませないようです。
(普段元気な子で、おかげさまで一日で治りました(^_-)-☆)

エキネシア、アメリカで大人気のようですね。
・・・エキネシアは、根から抽出したエキスで、免疫力を高め、風邪の予防に使用されています・・・
って、書いてありました。
日本でも販売されているようですね。

日本ではアロエが「医者いらず」と言われて、庭に一本育てておくと良いと言われていますけど・・・

確かに自分の治癒力が大事なのでしょう。
普段から食事に気をつけて、規則正しく過ごすことが大切なのでしょうね。
Commented by amtask at 2009-02-11 09:52 x
はっちゃん こんんちわ。
風邪、ようやく快方に向いました。日本から薬を持っていかなかったので、カナダの人々はどうして治すのか知りたかったのです。熱はなるべく下げない方がいいようですね。
マスクは日本独特かもしれません。移住して3年経ちますが、マスクの人、1人も見たことがないのです。だから怖くてかけられません。
エキネシア、夏によく公園で見掛ける花です。余り好きな花ではありませんが、たくさん咲いていたので2~3枚写真を撮ってあったのです。ネイティブインディアンはどうしてその効能を知ったのか、不思議でなfりません。

<< ひとり言 カナダで放映された日... フラックスシードオイルーその後 >>