<   2017年 02月 ( 3 )   > この月の画像一覧

街中のスノードロップ

今年もスノードロップが、本格的に咲き始めました。
今年の冬は寒かったので、いつもの年より開花が遅かったのかもしれません。
e0026906_16323557.jpg

以前住んでいたアパートはスタンレーパークに近かったのですが、今のアパートは少し遠くなったので、見にいく時間がありません。なのでアートクラスに行く途中、毎年一番始めに咲きだす万作の木の下辺りを見ているのですが、10日ほど前に咲きだしたスノードロップは、数日前にはちょうど見ごろの時期を迎えました。
e0026906_16313080.jpg

ウエストエンドからの帰り道、フキノトウを見つけました。夏になると、蕗が沢山生えるところですが、何年もの間、何度も通っていた道なのに、フキノトウを見たのは初めて!。
フキノトウってこんなに大きかったかしら❓と思うほど大きかったです。一つだけ小さなのを、持ち帰ったのですが、蕗の匂いがしました。
e0026906_16345316.jpg

最近至る所で、スノードロップを見かけるようになったのですが、ダウンタウンの西側を南北に走るデンマンストリートのスノードロップは、少し変わった種類のようです。
e0026906_16353587.jpg

そういえば、万作の木の下あたりに咲くスノードロップ、それは道路より少し高いところに咲いているのですが、その下の道路の際に、ほんとに小さな可愛いスノードロップを見つけました。しゃがむのが大変なので、上から写真を撮りました。
種がこぼれて生えているのかと思ったのですが、スノードロップは球根だったはず。
人が植えるような場所ではありません。雑草のように生えるものなのでしょうか。
そうかと思うと、これがスノードロップかと思うほど葉が広いのがあったり、背が高いのがあったり、色々な種類があるようです。大中小のスノードロップの写真並べてみました。
e0026906_16362479.jpg

因みに、ネットで調べてみると、「スノードロップには小さなガランサス・ニバリスと少し大きなガランサス・エルウエシー。他に八重咲期のものなど約15種類ほどの品種がある」と書いてありました。

思いがけない花火
[PR]
by amtask | 2017-02-28 16:41

雪の中の春の兆し

前回のblogをアップした直後の2月の初旬、バンクーバーは再び大雪に見舞われて、第一週の週末はすべての約束はキャンセル、でもちょっと雪が止んだので、新たな約束をしたのに、再び降り出した雪でまたキャンセルと、予定が大幅に狂った週末となりました。
月曜日、ようやく小降りになったので出かけたのですが、家に戻った夕方から大雪になり、うちのアパートの周りの道路は、数珠つなぎになった車の列ができました。
アパートの窓からは道路がよく見えるので、時々気になって窓の外を見ると、バスが動けなくなっているのが見えました。微かな上り坂で動けなくなっているのです。応援のクルマがやってきて、バスを後ろから押したり、前輪の周囲に塩を撒いている様でした。動けるようになるまで、暫く時間がかかりましたが乗客はどうしたのでしょうか?
e0026906_16323043.jpg

ダウンタウンでさえ、交通に支障が出たほどの雪。郊外では40㎝も積もったところもあるようです。後で聞いた話ですが、学校も休みになったそうです。
その週の半ば、ようやく雪は雨に変わり、第二週目の週末になってようやくお天気は回復しました。
その週末は、友人宅での久々のポットラックパーティー、心配していた雪も降らずに11人が集まり、午後4時から深夜まで、延々と楽しみました。
7時間も何をしたのでしょう。
まず積木崩し、崩さないように1本の棒を引き抜いて、上に重ねていくのです。単純な遊びですが仲間が集まって、アレコレ言いながら遊ぶのが楽しそう。
e0026906_16541299.jpg

地下室では、卓球を楽しむグループがいました。私は数年ぶりにラケットを振ったりしました。
e0026906_1654582.jpg

それに最近私達のグループで流行っているカラオケ、私はようやく2曲だけ。
でも一番時間を割いて楽しんだことは、食べたり飲んだり喋ったり。久しぶりに友人達と楽しい時間を過ごせました。
e0026906_16554295.jpg

今はもう2月も半ば、雪で閉ざされた2月の前半はこんな感じで過ぎていきました。
日本の友人のblogを見ると、日本ではもう色々な花が咲き始めたとか。
私の周囲で毎年一番早く。スノードロップが咲き始める街の一角に行って見ると、白い針のような蕾を付けたスノードロップの群生が見られました。
家の中には、昨年のクリスマス前に買った赤いポインセチアがまだ元気で咲いています。
ポインセチアの大きな鉢は、1か月位しか持ちませんでしたが、小さな鉢の方はなぜか元気なのです。家の中には冬の名残の赤い花、外には春を待つ花の蕾、2月はそんな季節なのでしょう。
e0026906_1705726.jpg

明日から2月も後半ですが、「雪はもう降らないですよね」というのが、最近の挨拶になりました。雪景色がきれいだから雪が好き、という人は多いのですが、カナダ東部では雪で交通が遮断されたり、生活に支障をきたすことも多いようです。
それが理由なのか、最近のニュースで、カナダの人口が東から西へと移動する傾向があると報じていました。
[PR]
by amtask | 2017-02-15 17:05 | Comments(4)

2月、再びの冬景色

前回のblog更新から、半月以上も経ってしまいました。
この半月の間、私は何をしていたのか思い出せないほど、月日の経つのが早く感じられます。ダイアリーをみて思い出したことと言えば、
1月半ば過ぎ、バンクーバーの郊外の友人の家で、絵を描く友人達が集まって今年初めての顔合わせ。ダウンタウンと違って、未だところどころに雪が残っていました。
お茶をしながら絵の話や日本でのお土産話に花が咲いたあと、友人が、「今日はこれから歌を歌いましょう!」というのです。
昨年の暮れ、日本から戻ってきたばかりの友人は何と、カラオケセットを買ってきたのです。声を出して歌を歌うことは健康に良いというので、カラオケを始めたそうです。6人が交代で数曲づつ、練習を兼ねて歌ってみました。
e0026906_1843649.jpg

1月の末、日本人会の人達と、リッチモンドに中華料理を食べに行きました。場所はリッチモンドのアバディーンセンターの近くの中華レストラン。ちょうど中国のお正月の前夜(大晦日)だったのです。
1月28日は中国のお正月、中国からの移民が多いバンクーバーは、中国のお正月は盛大に祝うのですが、リッチモンドは特に中国の人が多いところ。駅を降りると、ここは中国かと錯覚を起こすほど、「中国」でした。モールの入口の食料品店の前には、お正月の食べ物を買うための長~い行列ができていて、行き交う人も店員さんも皆中国人。
その日は10人ほどで食事をしたのですが、予約しているレストランに入ると、時間が早かったので、私達が一番乗りで、広い店内には私達だけ。私達の仲間が全員集合して、食事が始まる頃には、ぼつぼつ他のお客さんも集まってきました。宴も半ばを過ぎたころ、洗面所に行こうとしたら、すべての丸いテーブルにお客がぎっしり、通路がないのです。通り道を見つけて洗面所へ行くのも、自分の席に戻るのも大変。
食事が済んで、会がお開きになり、外に出る通路を見つけるのも一苦労。席が空くのを待っているお客が、出入り口に集まっているからです。本当に中国の人達の数とパワーには圧倒されました。考えてみたら。この駅に降り立って、帰りに電車に乗り込むまで、私達日本人を除いて、出会う人すべて中国人でした。
e0026906_186576.jpg

2月の始め、水彩画のクラスに行くとき、私の好きな街角の広場に寄ってみました。
古い趣のあるアパートの前のフロントガーデンで、上を見上げると、万作の黄色い花が咲いていました。そしてその下には、ようやく咲き始めたクリスマスローズ。ほんの少し春の兆しを感じました。
e0026906_1883939.jpg

翌日は良いお天気、でも天気予報では、この週末は雨や雪が降ると報じているので、買物を兼ねて散歩に行くことにしました。夕方用事があるので、4時過ぎに家を出て、海岸沿いの道を、西に向かって歩きました。冬至を過ぎて1か月以上たつので、夕方5時頃が黄昏時、冬のこの時間に海岸を歩くことは殆どないので、見慣れた景色も新鮮に感じました。夕陽の残照が対岸のビル群に当たりオレンジ色に輝いていたり、冬は寂れているのかと思ったレストラン&パブの入口にトーチが輝いていたり・・・
e0026906_1892579.jpg

今朝、目を覚まし窓のカーテンを開けたら・・・思いがけない雪景色。
昨日の天気予報では、今日は雨だったのに、雪は舞うように降り、すでにかなり積もっています。
そして今朝の天気予報を見直すと、雨の予報が雪に変わっていました。それも来週半ばまで、雪や雨が続くそうです。
e0026906_18105016.jpg

1月の後半、ようやく寒さは和らいだのに、2月に入って冬に逆戻り。春はいつ来るのでしょうか。
[PR]
by amtask | 2017-02-04 18:22 | Comments(6)