初秋のバンクーバー

9月になって10日も経ってしまいました。
また忘れないうちに、初秋の備忘録を綴ります。

9月初旬の週末、郊外の友人の家でホームパーティーがありました。
またいそいそと手作りのご馳走とワインを持って参加。
ご馳走は1人一品づつ持ち寄っても、11人のメンバーが集まったので色々なものが揃いました。
e0026906_2594842.jpg

パーティは4時からなので、まだ明るいうちに、お庭に出て葡萄を摘んだり、ほうばったり。
郊外のおうちはお庭があるので、一回りするだけでも楽しめるのです。葡萄の木のすぐ傍にはブラックベリーやリンゴも色づいていました。男性の一人がお庭に来ましたが、なぜか葡萄を摘むのは女性達だけ。お持ち帰りで分けても、持ちきれないほど沢山取れました。
e0026906_3047100.jpg

そしてその日のハイライトはカラオケ!
私の順番が回ってきたとき、心積もりしていた歌は、その家の曲集にはなかったので、どうしよう‼ 一瞬戸惑いましたが、まだ若かりし頃歌ったことがある曲「リバーサイドホテル」を思い出しながら歌ってみました。
何と10数年ぶりにカラオケ。もともと上手ではない上に、長いブランクの為、声も思うように出なくてちょっと恥ずかしい思いもしましたが、結構楽しめました。でもこれからもカラオケを楽しむには、少し修業が必要。修行するものがまた一つ増えそうです。
e0026906_344212.jpg

それぞれ数曲づつ歌っているうちに、あっという間に夜10時も過ぎてしまいましたが、ようやくその日のうちに家に戻れました。本当に楽しい一日でした。

初秋の花
[PR]
# by amtask | 2016-09-13 03:17 | Comments(6)

バンクーバーの不動産バブル

衝撃的な、外国人に課せられる追加不動産取得税

7月25日の朝、テレビを見ているとき、この新税についての報道がなされた。
その新税とは、外国人が居住用不動産を取得し、登記をする際にかかる追加的な取得税。
通常の取得税の計算は、取得する不動産価格の1~3%なのに 新税は、FMV(公正市場価格、通常の取引では購入金額)×15%、取得税としては、異例なほど高額な課税だ。その新税が追加取得税として、通常の取得税に新税が加算されることに決まったのだ。
(詳細については、文末「新税の詳細」をクリック)

最近、バンクーバー市を中心とする空き家問題が社会問題にまで発展し、新聞なので、その対処法を市政府が模索しているのを読んだ。
それが、いきなり新税の新設、それも発表から8日後の8月2日が施行日だと聞いて更に驚いた。それまでは1年間空き家にしていた不動産の所有者には、従来の固定資産税の他に罰金的に追加の固定資産税を課税する議論があるのはきいていた。
地方政府が、不動産の高騰を食い止める方法を探っている理由は、この地域に住んでいる多くの住民が、急激な価格高騰の為に、この地域では住宅を買えなくて、遠くに引っ越さなければならない状況になってしまったからだ。
確かに住宅の価格は、私達が移住する前から高騰し続け、私達はその上昇しの途中でようやく自宅を購入できたのが、去年の春。それ以降、更に急上昇し、1年に平均20~30%の上昇、中には30%以上価格が高騰したしたものもあった。それに連動して固定資産税も高騰、住んでいるだけで住宅費用が生活を圧迫するようになった。我家の場合も固定資産税は25%上昇してしまった。

その住宅価格の高騰の理由は、富裕な外国人が、バンクーバーの不動産を安全な実物資産として購入したものの、「住まない」・「貸さない」という状態なので、古くからこの地域に住む住民は、目の前に沢山空き家があるのに「買えない」・「借りられない」ということになってしまった。その結果、売りに出た家には、買い手が殺到し、価格がどんどん吊り上がっていった。
また賃貸市場も同じように、貸し出される住宅が少ないので、家賃が値上がりし、借りたくても借りられない状況に陥っていた。最近は年20%も高騰したそうだ。それを地方政府は、何とか一般住民がこの地で暮らせるようにしたいと打ち出したのが、この抜き打ち的な新税だった。

長きにわたって膨らみ続けたバンクーバーの住宅バブル、この新税でどれほど弾けるのか。政府が新税を発表した7月25日以降の報道を、いくつか拾ってみた。

【7月25日以降の報道】
〇価格高騰の理由は、富裕外国人が、この地域の居住用不動産を購入し、価格を釣り上げた。例えば、6月10日~7月14日までに外国人が居住用不動産を購入した金額は約1ビリオン(10億ドル)この地域の取引額の86%に当たる。

〇価格高騰の現状
バンクーバー地域の住宅価格は2001年から2016年までに約450%(4.5倍)に高騰した。
また2015年夏から、2016年夏までの1年間は特に価格高騰が激しく、年36%も価格が上昇した例もある。
 このバンクーバーの36%の高騰(5連続4半期)は、世界37都市の中で最高、因みに2位はシンガポール(22.5%)、カナダの他の都市を見るとトロントは(12.6%)だった。

〇その勢いを増す価格上昇を食い止めるために、バンクーバー市が考えたのが、空き家に罰金的な「空家税」を課税、空家を貸しに出させることも考えているようだが、まず先に出てきたのが抜き打ち的に発表された外国人購入者に課税する新税 。それらの新税で得た税収は、庶民が住める賃貸住宅の建設に回すという。

〇新税発表後のHome sales(住宅販売数)は、2016年7月は、前年比(19%)、前月比(27%)の下落率を記録した。しかし、価格は季節的に落ち込む時期なのに、すべてのタイプの一般的な住宅のベンチマークは上昇、前年の7月に比べて32.6%上昇した。売り出された中古住宅(いわゆる在庫)は、1年前に比べて27%も減少している。バンクーバーの不動産のマーケットは、需要に比べて供給が極端に少ない品薄状態が続いていた。
しかし、さすがに7月25日に比べて、8月22日の平均住宅価格は17.1%下がった。

〇今後の価格動向は?
2016年の第3四半期の予測は、年率10%上昇するという見方もあるが、大手銀行やモーゲージ会社は、不動産価格は今後50%値下がりする可能性もありとして、対策を講じているという。

〇この劇的な新税の導入を、地域の住民はどう思っているのか。ある調査によると、90%の人が賛成しているという。
新税に加えて、厳しいルールを設定するべきだと考えている住民や、中央政府のメンバーもいるという。
しかし、この新税のお蔭でカナダ住民が売りに出した家が売れずに、連鎖的にカナダ住民の住宅の買い替えが困難になっているケースもあり、この新税で影響を受けるのは外国人だけでなく、カナダ市民や住民もその影響が及ぶこともあり、ことはそんなに簡単ではないという気がする。

〇因みに、他の国では、外国人の住宅購入について、どのような対策を講じているのだろうか。私の知っている範囲では、
オーストラリア:外国人は新築住宅とリゾート物件しか買えない。
東南アジアの国の中には、外国人は、建物は購入できるが、土地は買えない国がある。

新税が施行されて、まだ1か月が経ったばかり、今後の不動産市況を外国人も地域の住民も固唾を飲んで見守っている状態が続く。

新税の詳細
[PR]
# by amtask | 2016-09-07 03:41 | ◎ ひとり言 | Comments(2)

戻ってきた夏 ウィスラ―へのキャンプ旅行(その3)

ゴンドラに乗って下りてきたウィスラービレッジは、まるで繁華街のよう。
ウィスラーやブラッコムに登るゴンドラ乗り場の近くには広場があり、色々なベントが開かれるようです。
その日、特別なイベントはなかったのですが、平日の午後なのに大勢の人が出ていました。
広場の周りには、レストランやホテルが立ち並び、どこかの都会の一部を切りとって持ってきたような感じ。
e0026906_9462263.jpg

ウィスラービレッジには有名なホテル(例えばウェスティン・ヒルトン・フォーシーズン・デルタ・パンパシフック)などがあるのですが、偶々通りかかったホテルの近くにコーヒーショップ(スタバ)があり、木陰の下で喉を潤しながら、iPodでメールのチェックもできました。
e0026906_9475631.jpg

その後は予定の時間に友人ご夫妻と合流し、夕方、まだ明るいうちにキャンプグラウンドに戻り、一休みした後はシャワーを浴びたり、ビールを飲みながら食事を楽しんだり・・・。凄く綺麗な満月も見られて満足した夜でした、

翌日の3日目も晴れ。
午前11時までにキャンプグラウンドをチェックアウトしなければならないので、10時過ぎに出発。途中景色のよい所で写真を撮ったり、
e0026906_9484281.jpg

また少し走り、シャノン・フォールズ州立公園に寄りました。
e0026906_9504624.jpg

この公園はBC州の州立公園、シャノン滝はBC州で3番目に高い滝なのです。
数年前、スコーミッシュに住む友人の家に遊びに行った時、遠くからシャノン滝を見たのですが、今回は真下から見られて、迫力が感じられました。。滝の名前は、この地域を開拓し、1889年に最初の建物を築いたウィリアム・シャノンに因んでつけられたとか。
e0026906_9513473.jpg

滝を見てから、キャンピングカーの中でランチした後は、一路バンクーバーへ。バンクーバーの我が家の近くに戻った時は、まだ午後2時過ぎ。日帰りもできる近さです。でも今まで、ウィスラーはスキーシーズン以外は、余りに身近で馴染みがありすぎて、「今更ウィスラーへ?」という感じでした。でも最近(と言っても数年前)Peak2Peak のゴンドラが新設されたり、マウンテン・バイク・パークができたり、四季を通じて楽しめる近場のりーゾート地として、見直されたようです。。私はマウンテン・バイクはできませんが、冬はもちろん夏でも充分楽しめることが実感できて、また行きたい気持ちになりました。
戻ってきた夏と友人ご夫妻のお蔭で、ウィスラーでの真夏を堪能した3日間でした。
[PR]
# by amtask | 2016-08-27 09:51 | Comments(4)

戻ってきた夏―ウィスラ―へのキャンプ旅行(その2)

2日目の朝も良いお天気、キャンピングカーの中でのんびり朝食をとり、10時頃にウィスラー・ビレッジに向けて出発。30分も走るとビレッジに着きました。まずウィスラー山に登るのですが、切符を買うのに一苦労、すでに長蛇の列ができていました。それも何とか乗り越えて、ゴンドラに乗り山頂へ。
(ウィスラー・ブラッコムのエリアについての説明は【注釈】へ)
e0026906_144259.jpg

ゴンドラ乗り場には、私達のようにハイキングをする人達だけでなく、自転車(マウンテンバイク)を持って乗り込む人が沢山いました。でもその人達は別の列に並び、また1つのゴンドラ(Whistler Village Gondola)には、数人しか乗っていないので、楽に外の景色の写真を撮ることができました。
10数年前の冬、雪景色の中、このゴンドラに乗ってスキーを楽しんだのですが、真夏の景色に変わった今は全くの別世界でした。

ウィスラー山の山頂に到着したゴンドラを降りて、大きな案内板を見ると、色々なハイキングコースの案内がありました。どのコースに行くか迷っていると、ボランティアの案内係の人が説明してくれたのですが、どれも距離があり時間もかかりそう。なので山頂近くの周辺を歩いてみる程度にしました。
ハイキングを短く省いたのは、Peak2Peak というロープウェイに乗り、ブラッコム山にも行く予定だったから。またその日、友人ご夫妻とは別行動なので、ビレッジの駐車場に4時に待ち合せていたからです。
e0026906_1449037.jpg

案内板から離れて歩きはじめると、もうそこは標高2000mを超える高地、素晴らしい見晴でした。冬の雪景色では見られない、緑やブルーの景色の中で可憐に咲いている高山植物も楽しめました。もう満開の時期を過ぎてしまったものもありましたが…。
e0026906_14511921.jpg

e0026906_14503080.jpg

次回はもっと遠くまで歩いてみようと心に決めて、Peak2Peakというゴンドラ乗り場へ向かいました。
Peak2Peakの乗り場は、ビレッジからウィスラー山に登った時のゴンドラの発着所の近くにありました。このゴンドラは、ウィスラ―とブラッコムの2つの山の山頂を繋ぐものですが、2015年ギネスブックに認定された世界記録が2つあります。高さと距離です。谷底からの高さが436m(因みにスカイツリーは634m)・2つの山頂を繋ぐ距離は4.4㌔、しかも支柱は4本のみ。中央3㌔は支柱がないのです。
e0026906_1454133.jpg

実際に乗ってみると、急傾斜なのに、支柱がほとんどありません。ゴンドラから見える景色も素晴らしいですが、ゴンドラに乗ること自体の緊張感とスリルを感じて、目はゴンドラの先のロープに釘づけになっていたと思います。
私がスキーでこの山に来た時は、リフト券を買うと、2つの山を好きなだけ滑ることができるのですが、1つの山からもう一つの山に行くためには、一度下に降りて、また別のゴンドラやリフトで上に登らければならず、結局は1つの山を滑るだけで1日が終わってしまうのが常でした。それを考えると便利になったものです。
e0026906_14553516.jpg

ブラッコムの山頂に着きました。ウィスラ―山に比べて、男性的で豪快な感じは、以前と変わっていません。ちょうど観光用ヘリコプターが待機中、しばらくして離陸、遠くの空に飛んでいきました。
ゴンドラの発着所の傍には、レストランがありました。どこかで見た景色とそっくり!
一昨年の夏、スコーミッシュの近くにSea to Sky という吊り橋ができて、橋を渡ったところにレストランがあったのですが、よく似た景色です。
e0026906_1456991.jpg

暫く散策して、ウィスラ―ビレッジに戻るのですが、ブラッコム山の下に降りる方法がよくわかりません。そこでもう一度、全く同じルートでビレッジに戻るため、再びPeak2Peakに乗りました。同じルートを辿っているはずなのに、見える景色が微妙に違うので、面白かったです。
e0026906_14571375.jpg

夏に来たのは初めて、冬のスキーの代わりに、夏はマウンテンバイクが楽しめるようになっていたのです。リフトにしても、人が載ったリフトの前後に自転車だけを摘んだリフトが登っていくのも、季節を表している様でした。
冬とは全く違うウィスラー・ブラッコム山、景色の色合いも人々のアクティビティも、180度ぐらい違うのです。そんなことに驚きながら、ビレッジに戻ったのです。
e0026906_1458270.jpg

                            ーその3に続きます
 
【注釈】ウィスラー・ブラッコム(Whistler-Blackcomb)は、カナダのブリティッシュコロンビア州南西部、ウィスラーにあるスキーリゾート。
ウィスラー・ビレッジ(以下ビレッジ)と呼ばれるエリアには有名ホテル、レストラン及びバー、コンドミニアム、別荘などが密集している。ビレッジは標高675m(2,214フィート)で、バンクーバー、及びバンクーバー国際空港からはおよそ126km(78マイル)の位置にある。
ウィスラー・ブラッコムは2つの山であるウィスラー・マウンテンとブラッコム・マウンテンからなり、スキー場として開発された。標高はブラッコム・マウンテンの方が高く、2,284m(7,494フィート)あり主要33本のリフトにより200以上のコースにアクセスすることが出来る。ビレッジとの標高差1,609m(5,280フィート、または1マイル)は北米エリアのスキー場としては最大規模を誇る。ウィスラー・ブラッコムはまた滑走可能エリアでも北米エリアで最大規模であり、その広さは8,171エーカー(33km²)であり、コロラド州にあるベイルリゾートの5,289エーカー(21km²)と比較して1.5倍の広さがある。いくつかの資料によればウィスラー・ブラッコムは世界最大のスキーエリアであると言われるが、ヨーロッパにあるスキーリゾート(フランス、オーストリア、スイスなど)はエリア全体を計測するのではなくコースの全長を計測しているため、単純にどちらが大きいのかという比較は難しい。ブラッコム・マウンテンには3つの氷河があり、6月から8月までは夏期スキーも出来る。2010年冬季オリンピックでは男女のスラローム、大回転、ボブスレー、リュージュ及びスケルトン競技が開催された。(Wikipediaから引用)
[PR]
# by amtask | 2016-08-26 15:12

戻ってきた夏-ウィスラーへのキャンプ旅行(その1)

「今年の夏は短くて、秋の気配が漂う頃になった」などと、前のblogで書きましたが、
8月も10日を過ぎた頃から、ずーっと晴れて、真夏が戻ってきたような日が続いています。そして8月の半ば過ぎには、ウィスラーへ2泊3日のキャンプ旅行に行ってきました。
何故ウィスラーかといえば、最近ハイキングに行った人の話によると、雄大な景色の中で、高山植物も見られたと聞いたからです。それも8月半ば頃までと聞き、行きたいな~と思っていた時に、折よく友人ご夫妻からキャンプ旅行を誘われ、ウィスラー行きをリクエストしたのです。

ウィスラーはスキーリゾート地として有名ですが、最近は夏も山岳リゾート地として人気が出てきたところ。バンクーバーの中心部から車やバスで約2時間ほどで行けるので、日帰りでも楽しめる便利さがうけたのでしょう。
カナダに移住する前にも2回ほど、日本からスキー旅行で行ったり、バンクーバーに移住した後も、ドライブ旅行の行き帰りに、休憩のため寄ったことも何度かありますが、真夏のウィスラーに滞在するのは、今回が初めて。

1日目の朝、Yさん御夫妻のキャンピングカーがうちのアパートの前に到着、私達をピックアップしてウィスラーに向かいました。
予報の通りお天気もよく、真夏のような陽射しが照り付ける暑い日でした。

バンクーバーからウィスラーに向かう途中にスコーミッシュという町があり、その周辺のゴルフ場で休憩、スコーミッシュは、ロッククライミングで有名なところ、ロッククライマーを魅了するような岩が見られるところです。
近くのモールで、今夜のディナーや翌日の朝ごはんの為の食品や飲み物を調達、またしばらく走り、軽いランチを取るために、湖の傍の公園に車をとめ休憩。
夏が戻ってきたので、大勢の家族連れが遊びに来ていましたが、私達はちょっとは外れの人気のないところで、家で作ったおにぎりやパンなどで、空腹を満たしました。
e0026906_3162027.jpg

お昼過ぎ、再び車に乗り込みウィスラーの少し手前のキャンプグラウンドに到着。
チェックインして、割り当てられた場所にキャンピングカーを停めました。
まだ夕方というには早い時間、ようやくほっと落ち着いてTea time。
4人で相談の結果、「今日はこの周辺を散歩するぐらいで、のんびりしよう」ということになり、ワインをあけて乾杯。昼間から飲むワインですっかりリラックスし、リゾート気分に浸りました。
e0026906_3174046.jpg

キャンプ旅行は2回目。いつもの日常生活より多少不便ですが、その代わりに大自然の真っ只中で過ごせる時間は得難いもの。周囲には、天を突くような巨木がそびえる大自然が身近にありました。
e0026906_3195539.jpg

しみじみ周りを見渡せば、遠くに雪が残った山々が見え、日が暮れると、満月に近い大きな月が登り、全く非日常の世界でした。(雪に見えたのは氷河だと、後で知りました)
e0026906_3205492.jpg

少し離れたところのキャンピングカーの周囲では、すでに子供たちを含めた大家族が夕食の準備、私達も外のピクニックテーブルに、夕食の準備を始めました。
チェックインの時に、「外で火を使う料理をしないように」と注意があったそうです。理由は熊が来るからだとか。匂いに誘われて熊が現れるというのでしょうか。また外で火を焚いてもいけないそうです。それはWild fire(山火事)を警戒しているからでしょう。キャンプファイヤーを予定していた友人は、ちょっとがっかり。
そんな訳で、私達は、キャンピングカーの中でお肉を調理して、外で食べることにしました。
ご馳走は沢山なかったですが、遠くの山々を見ながら、涼しい風に吹かれて食べるお肉の味は最高でした。
e0026906_323475.jpg

さて明日はいよいよウィスラーに行き、ハイキングで山を歩き、Peak 2 Peakという新しいゴンドラに乗る予定。早く寝ることにしました。
[PR]
# by amtask | 2016-08-23 03:23

短かった夏の終わりにーサイモンフレイザー大学へのお散歩

8月上旬、私達のリアルターさん(不動産屋さん)のおうちに招待され、ランチとお喋りを楽しんだ後、近くのサイモンフレイザー大学を案内して戴きました。
郊外の山々が見える雄大な景色を背景にした大学の敷地は広大で、散歩の為に連れ出したワンちゃんも嬉しそう。このワンちゃん私達にすぐなついてくれて、楽しい散歩がより楽しくなりました。
e0026906_4112636.jpg

学校の構内は夏休みなのでひっそりしていますが、チラホラ構内を歩く学生さんや、近所に住んでいる子供達の姿も見られて、のどかな学校構内の雰囲気を満喫しました。
e0026906_4121450.jpg

構内には、Terry Fox(テリー・フォックス)さんの像が建てられていました。
ガンで右足を失っても、カナダ横断8000㌔のマラソンに挑戦した彼は、カナダの人々に希望と勇気を与えてくれたとして国民的ヒーローになり、カナダでは知らない人はいないくらい有名なのだそうです。私も名前こそ覚えていませんでしたが、そのストーリーは知っていました。彼はサイモン・フレーザー大学の学生さんだったのです。
e0026906_4124981.jpg

夏の強い陽射しも陰り始めたので、広大なサイモンフレーザー大学を後にしました。
バンクーバーで私達に身近な大学は2つあり、一つはブリティッシュ・コロンビア大学(UBC)もう一つの大学がサイモンフレーザー大学(SFU)、この2つの大学は州立大学です。他にも私立大学はあるのですが、カナダでは州立大学が主流のようです。
UBCは移住直後に通っていた英語学校の郊外授業や色々なイベントで数回行きましたが、SFUに行ったのは初めてでした。こんな自然あふれる広大なキャンパスで、学生さん達はのびのびと勉学に励み、友情をはぐくむことができるのでしょう。この学校の学生さんが、ちょっと羨ましく感じた午後でした。
e0026906_413329.jpg

[PR]
# by amtask | 2016-08-21 04:14

短かった夏の終わりに

バンクーバーの夏は短いのに、私が日本から戻ったのが6月も末でした。バンクーバーの夏は6月と7月、8月は秋風がふき始めると言われていますが、今年は7月も気候が不順で夏らしい日は少なく、ようやく夏らしい日が続いたと思ったら、もう8月。月が替わった途端に夏は終わってしまいました。
バンクーバーの夏のイベントは、7月1日のカナダデイ・7月下旬の3回の花火・最後にPride parade、それが終わると8月、8月は夏と秋がすれ違う時期なのです。

今年のカナダデイ(7月1日)のパレードは、日本から遊びに来ていた友人ご夫妻と一緒に見ました。毎年同じようなパレードでも、一緒に見る人が楽しそうだと、それだけで、嬉しい気持ちになるのです。

毎年行われる花火、たまにスポンサーが変わったり、(この数年、スポンサーは日本の企業のホンダ)、毎回、花火の主催国が変わり、花火の出来栄えを競い、その年の優勝国を決めるのです。
毎回同じような花火なのに、どうして飽きもせずに行くのかと自分に問うてみたら、家から近いというのが一番の理由、そして音だけ聞こえるのが何か空しいから、というのが2番目の理由。でも何と言っても、きれいなものは何度見ても見飽きない、というのが私の本音かもしれません。
そして毎年花火を見るのですが、初日は、今年も元気で花火が見られたと感謝し,2日目は何も考えずに行き、最終日は今年も全部見られたと満足するのです。そんな訳で、今年も何の変哲もない花火なのに、皆勤賞でした。
今年の夏の備忘録として、2日目と3日目の花火、印象に残った写真を載せてみます。
1日目(オランダ)は、7月のBlogにアップ済み。
2日目(オーストラリア)は、花火自体も華やかできれい。混雑もほどほどでした。
e0026906_15584983.jpg

3日目は(アメリカ)、10年花火を見続けてきたのですが、一番人が多かったと思います。とにかく酷い混雑で、海岸沿いの通りは、歩こうとしても思うように前に進めないほど。いつもは辿りつける波打ち際まで行くこともできず、道路に近い芝生の上で見ることになりました。それでも座って見られただけラッキ―だったかもしれません。花火も気合が入っていて、見ごたえがありました。
e0026906_15595159.jpg

毎年、花火最終回の翌日は日曜日、Pride Paradeの日と決まっています。今年は珍しく朝から曇っていて家を出るときは寒い程、それでも昨夜の花火に続いて人人人・・・。
混雑は、パレードのスタート地点が一番混みあうので、西の方に歩いて行って、立ってみました。10年も見続けているので、流石にパレード自体は私にとって珍しくもなく、面白くもなく、始まってしばらく見た後、帰ろうかなと思い始めた時・・・
e0026906_1631642.jpg

その次の瞬間、大勢の人のざわめきを感じ、いつものパレードとは違う雰囲気が漂い始めました。何か物々しいのです。一塊になった人々の集団が近づいてきた時、後ろに立っている若い女の子の声が興奮気味に「トルドーだ!トルド―!トルド―!」と叫ぶ声が聞こえました。
警護する人々に囲まれて、Trudeau首相と家族が一緒に行進しているのが見えました。まだ首相になりたての若くて新鮮なTrudeauに、人々は興奮して手を振り、Trudeauと妻も晴れやかに手を振っています。子供3人も行進に参加しています。
e0026906_164277.jpg

日本とは文化も思想も違うので、仕方がないことですが、日本の安倍首相がゲイパレードに家族と共に参加して行進するとは考えられません。
今この国では、国民が素直に新しい首相を歓迎して手を振り、首相も国民が祝うパレードに参加して、晴れやかに手を振る、こんな光景をみて、何だか羨ましいような気がしたのです。

私達はTrudeauファミリーを見た後で,人垣から外れました。パレードは3時間も続くのですが、私達が見たのは小1時間。昨年は今年3月に亡くなった友人も交えて見たPride Parade、彼は賑やかなお祭りが大好きだった、そんなことを思いだしながら家に戻りました。

翌日8月1日は月曜日ですが、BC Day(Civic Holiday) で休日。そして待っていたかのように雨模様。日本とは違い、8月はやはり夏が秋と交代するちょっと寂しい月なのです。
[PR]
# by amtask | 2016-08-05 16:04 | Comments(4)

自然からの贈り物 Bee Pollen

Bee Pollen(ビーポーレン) はサプリメントですが、その出会いは私のミステイクによる偶然、いわゆる「怪我の功名」というものでした。
20年も前から、我家では3~4か月に一度、アメリカのサプリメントの会社から通販でビタミンなどのサプリメントを個人輸入しているのですが、1年ほど前、他のものと一緒に、常備薬としてプロポリスを注文しました。
暫くたったある時、プロポリスをとりだそうとして、箱の中を探してみたのですが、プロポリスはなく、見慣れないサプリが出てきました。それがBee Pollenでした。発送元の会社が間違えたのかと思い、注文書を確認すると、確かに私がBee Pollenを註文したことになっていました。プロポリスは、Bee Propolis と表示されるので、私が注文時に間違えてしまったのです。捨てるのはもったいないし、Bee Pollen とはどういうものかネットで調べてみると、次のようなことがわかりました。

ミツバチは花から花粉を採取する際に体内から酵素を分泌し、その酵素と花粉を丸めて自分の巣へ持ち帰る習性があります。このミツバチ花粉は彼らの食料でもあり、ロイヤルゼリーを分泌するためにも必要なもの。ローヤルゼリーを食べる女王蜂は、ミツバチの何十倍も生命力があると言われています。そのローヤルゼリーの元になっているのがBee Pollen。それ故、パーフェクトフードとか、スーパーフードと言われるのです。

その成分は次の通り。
天然の栄養素90種類が含まれていると言われていますが、天然のものなので、採取する時期や地域によって多少のばらつきがあるようです。
①アミノ酸(タンパク質の元となるアミノ酸は20種類あり、そのうちの8種類は必須アミノ酸、人の体内では合成できないので食品から摂る必要があるが、この必須アミノ酸がすべて含まれている。)
②ミネラル(カルシウム・マグネシウム。亜鉛など16種類 微量元素だがバランスよく含まれている)
③酵素(18種類)
④ビタミン(16種類)

効能は、免疫力増強・新陳代謝促進・抗アレルギー・整腸作用・貧血予防・アンチエイジング・美容効果・ダイエット効果
夢のような食品ですが、抗アレルギーとして花粉症にも効果があるというのも、ちょっとびっくり。天然の栄養素が90種類も含まれているということも凄いです。
しかし副作用もあり、蜂アレルギーの人は要注意だそうです。

私は、この説明を読んで飲んでみることにしました。今から3か月ほど前の事です。
私の手元には錠剤のサプリが2瓶もあったのですが、初めてなので、1日に1錠の半分から始め、様子を見ました。2~3日飲んでも異常がなかったので、毎日1錠摂取することにし、日本への一時帰国の時も持参して、毎日1錠飲み続けました。
今までは一時帰国の時、食べ物や水が変わるためなのか、お腹の調子が一時的に狂うことがあったのですが、今回の滞在では調子を崩すことはなく、普通の状態でした。
バンクーバーに戻ってしばらくすると、腸の状態は更によくなり、何よりお腹の中がとてもきれいになった実感があるのです。

約1か月半の日本滞在の後バンクーバーに戻り、久しぶりにあった友人の2~3人から、「少しやせたみたい。ダイエットかエクササイズしているの?」ときかれました。複数の人から尋ねられて、少し心配になり、体重を計ってみると、今までと同じ体重。自分でも少しスリムになった気がして、もしかしてBee Pollen 効果かもしれないと思うようになりました。軽いエクササイズはしても、ダイエットはしてなかったからです。

私がこのサプリを飲み始めて、しばらくたって夫も飲み始めました。
まだ、私ほどの効果はないにしても、お腹は快調だというので、私達にとってはこのサプリは、整腸作用があるのだと思っています。
ついでにアンチエイジング・美容効果もあるといいのですが、まだ「きれいになった」という言葉は、きいていません。
e0026906_9472030.jpg

2週間ほど前、アメリカの会社から個人輸入していたBee Pollenは飲み切ってしまい、再び同じ通販の会社に注文したのですが、その後のカナダの輸入規制で、アメリカから個人輸入ができなくなりました。仕方なく近所のサプリのお店で買ったのは、顆粒状になったBee Pollen 、いかにもミツバチが運んできたという感じの顆粒。美味しくはないですが、少し甘くそれほどまずくはないので、毎朝小さじ1杯、お水で流しこんで摂取しています。たった小さじ1杯のBee Pollen できれいになり、健康になれるなら、まさにミツバチが運んできてくれた自然からの贈り物。これからも食べ続けようと思います。
[PR]
# by amtask | 2016-08-02 09:47 | Comments(2)

バンクーバーの夏の風物詩、花火とBBQ

7月最後の週末、バンクーバーにもようやく夏が来ました。
土曜日は今年夏の花火の初日、恒例のバンクーバー・イングリッシュべイの花火大会です。
花火大会は3回行われ、1回ごとに色々な国が主催国となり、花火を競います。
花火大会のスポンサーは今年も日本の企業ホンダ。花火の主催国は、オランダ・オーストラリア・アメリカで、初日はオランダです。私は近所に住んでいるので、この花火大会10年も見てきましたが、オランダが主催の花火は多分初めて、どんな花火が見られるのでしょうか。

その日、初日ということもあり、混雑が予想されるので早めに家を出ました、と言っても15分ほどですが。
花火が始まるのは夜10時から、その日は30分前には、海岸に着きました。
私達は海岸の波打ち際の近くまで行き、マットを敷いて座りました。この場所が、音楽もよく聞こえるし、一番身近に迫力を感じて見られるからです。適当な場所に落ち着いて、周囲を眺めまわしてみると、お天気が良い週末で花火の初日なのに、意外に空いているのです。マットが大きければ寝転がって花火が見られるほど。
そういえば、去年も土曜日の初日が空いていて。水曜日の方が混んでいたのを思い出しました。ダウンタウンに勤めている人が、平日の水曜日に見に来るからでしょう。
とにかく、今はマットに座り後は花火が始まるのを待つだけ。まだ空は明るさが残っていて、刻々と空は暗くなっていくのですが、それに反比例するように花火への期待感が高まっていく気分が、何とも言えません。
e0026906_334463.jpg

花火はたった30分間だけですが、最近慣れたので、それほど短いとは思わなくなりました。
いよいよ花火が始まりました。しかし、今年は、空に黒い雲がかかり、花火は思ったほどきれいに見えません。色は赤が基調になっているのですが、色彩にも乏しい気がしました
中盤は、打ち上げた花火の煙がそのまま残って、花火がきれいに見えないが残念。
e0026906_338358.jpg

花火が始まり20分を過ぎた頃、フィナーレの華やかさが期待できるのですが、その日はそれも少し迫力に欠けたように思います。
e0026906_3391782.jpg

花火は期待したほどではなかったですが、見終わって家路につく頃には、今年も元気に花火が見られて良かったという満足感を味わうことができました。
花火と桜の花は、何度でも見たいもの。そして「今年も見られた」ということが、私にとってはとても貴重なことに思えるのです。

花火の翌日は、友人の家のBBQパーティーに出席しました。
BBQパーティーを催して下さったMさんのおうちは、郊外の大きなHouse(一戸建ての家)。
その日はポットラックではなく、Mさんがお酒を召し上がらないので、お酒は自分が飲む分は自分で用意していくことになっていました。なので私達はワインと簡単なつまみ(枝豆とセロリ・パブリカのキンピラ)を用意していきました。
私達が着いたころ、お肉やお野菜は半分焼きあがっていて、良い匂いが玄関まで漂っていました。
e0026906_3412077.jpg

午後4時過ぎ、9人のメンバーが揃い、久しぶりの再会に乾杯し、後は食べたり、喋ったり楽しい時間を過ごしました。
e0026906_34252100.jpg

夕方日が暮れる前に、お庭に出て女性グループはインゲンやサヤインゲンを摘みながらまたお喋りしたり、散策したり・・・。ふとお庭の隅に目をやると、紫陽花が秋色になっているのが見えました。
バンク―バーの夏は早く来て早く去るのです。もうすぐ8月、8月は吹く風に秋を感じるちょっと淋しい季節。
e0026906_348262.jpg

4時から始まったパーティーは11時近くまで続き、それぞれの家路につきました。

花火とBBQ,バンクーバーの夏の風物詩ですが、この週末の2日間ようやく良いお天気に恵まれて、充分夏を味わうことができました。
[PR]
# by amtask | 2016-07-27 04:17 | Comments(4)

紫陽花の季節

バンクーバーには梅雨がありません。でも紫陽花は街にあふれるほど沢山咲いています。
しかも元気で秋まで咲き続けるのです。
移住した直後、強い陽射しの中で逞しく咲いている紫陽花を見て驚きました。
日本の紫陽花は雨の中で咲き、梅雨が明けると花は終わってしまうので、紫陽花は雨の中に咲く花だと思っていたからです。
移住して10年も経つので、真夏でも咲く紫陽花にも驚かなくなり、移住直後の感動は薄らいだものの、時々はっとする紫陽花に出会います。

公園や街角でピンクの紫陽花見つけました。紫陽花と言うと、青や紫、それに白い花を思い浮かべますが、ピンクの紫陽花も優しい感じで心が和みます。
e0026906_1602944.jpg

私は紫陽花の花が好きですが、特に紫陽花のある景色に惹かれます。↓の写真はスタンレーパークの中で撮ったものです。いつか絵に描いてみたい景色です。
e0026906_161152.jpg

住宅街の一角に、沢山紫陽花が植えられているフロントガーデンがあります。家々の窓を覆うほどの紫陽花も迫力があって見ごたえがあります。
e0026906_1624717.jpg


白い紫陽花も好きな花です。繊細なアナベルは日本でも見かけますが、バンクーバーでも咲いています。
下段の白い花は、微かに色が変わり始めています。7月ももうすぐ終わり、北国のバンクーバーの8月は夏から秋に代わる季節、夏が来ないうちに秋が来てしまうのでしょうか。ちょっと淋しい今年の夏です。
e0026906_1635362.jpg

[PR]
# by amtask | 2016-07-23 16:13 | Comments(6)