鉛筆スケッチ

バンクーバーの7月は、外に出ていろいろなアクティビティが楽しめる季節です。
そこで私は4回のDrawing course を受けました。珍しく夫も参加です。
まず初日、先生の自己紹介(高校の美術の先生)と参加者約6名の自己紹介から始まり、いつも通っているバークレーマナーのお庭に出てスケッチの練習です。
この先生の仰ることで新鮮だったのは、屋外でスケッチをするとき、なるべく下(紙)を見ないで描くこと、最初の25秒でアウトラインを描くということでした。
90分の講座でしたが、前半は室内で説明があり、外に出て描くのは毎回45分ぐらい。最後の5~10分はそれぞれに対する講評です。
まず、大きな薄茶色の紙を8つに折ったもの(23cm×31cm)とチャコールを渡され、外に出て好きな場所を探し、描きたいものを決めて描くので、ゆっくり考えている時間がありません。
e0026906_4252131.jpg

準備ができると、先生がスタートの合図をして25秒で描くのです。それを8回位繰り返すのですが、初日は描きなぐっただけのような絵しか描けませんでした。
写真は20数枚の中の一部です。
e0026906_4261622.jpg

1日だけ雨の日があったので、その日は室内で、2つの花瓶に生けられた花を描きました。
花の集合は、別の難しさがありますが、その日も短時間で描く練習です。
e0026906_4265597.jpg

最終日は良いお天気、いつものように短時間の練習の後、しっかりした水彩画用紙を渡され、約15分で好きなものを描きました。短時間で描く練習の後の15分は、長く感じられました。私は古くて大きな木を描きましたが、何を選んで描くかということも大変なことだと思います。
写真のスケッチは、家で影を濃くしたり少し手を加えたもの。
e0026906_4273015.jpg


8月に入って、水彩画教室はお休みなのですが、水彩画ボランティアの先生の友人が、台湾から来ているというので、スタンレーパークで水彩画スケッチをすることになりました。
2年前、この先生がイングリッシュベイの景色をイメージだけで描くという、デモンストレーションを見たことがあります。色彩のある水墨画のような感じでした。
e0026906_4284482.jpg

私は速く描けないので、鉛筆スケッチです。
40~45分ぐらい経ち、それぞれ描いたものを見せ合いました。
e0026906_441933.jpg

台湾の絵の先生が私に教えてくれたことは、色でハーモニー・明度でリズムをということでした。彼女はほとんど鉛筆の下絵を描きません。彼女が言った「水彩画はカラー(絵の具)でスケッチすること」というのが印象的でした。
e0026906_4421523.jpg

私のボランティアの先生は、木の描き方の練習にと、私達の反対の方を向いて木を描きました。木も難しいテーマです。
e0026906_4432430.jpg

私が描いた鉛筆スケッチの風景です。
後もう一度、台湾の先生が本国に帰る前にスケッチすることになっています。
[PR]
by amtask | 2012-08-05 04:52 | Comments(4)
Commented by はっちゃん at 2012-08-05 09:36 x
わぁ~~!バンクーバーの7月、8月はスケッチの季節なのですね。
木陰で、長そでで、楽しんでいますね。

この季節、日本はとてもスケッチの気分ではありませ~~ん(*_*;

デッサンはすべての基礎ですので、こうした基礎を早いうちにしっかり勉強するのが上達につながりますね。
いまだに基礎デッサンが出来ていないので、描くたびに悩むことしきりです。

「カラーでスケッチ」・・・私たちが習っている新先生は鉛筆の線がとても魅力的な先生ですが
その先生も、デッサンの後「色、塗っても良いですか?」と聞くと
「色で描くでしょ!」と、注意されます。

お勉強が進んで、上達が楽しみね。
水彩画は両方とも先生の絵ですか? 一枚はF野さんの絵?

8月末に「らゆう展」を控え、もう少し描かなくてはならないのですが、なかなか乗ってきません(;一_一)
Commented by amtask at 2012-08-05 16:31 x
はっちゃん
ここも日なたは暑いのですが、日蔭にじっと座っていると長袖が必要になります。
スケッチにはよい気候です。夕方もいつまでも明るいし・・・

一番目の水彩画は台湾の先生。2番目の木の絵は、ボランテリアで毎週教えてくれる香港出身の先生の絵。3番目のスケッチが私の絵です。F野さんの絵はありません。
「らゆう展」見に行きたいですが、叶いそうもありません。がんばってステキな絵を描いてください。いつか見せて戴くのを楽しみにしています。
Commented by rabbitjump at 2012-08-06 08:41 x
花瓶に入ったバラのスケッチに興味があります。
短時間にスケッチするのは難しいです、
私の場合、なかなか思うように描けません。
今年の東京の夏は暑すぎて、スケッチに出かける気も
しません(~_~;)
涼しい木陰で外で描くことが出来るなんてとてもうらやましいです。
木は、特に緑一色の風景は難しいです。
どんどんしんぽしているamtaskさんの作品楽しみです。
また載せてくださいね。
Commented by amtask at 2012-08-07 00:10 x
rabbitさん
おはようございます。
短時間、それも数十秒の単位に時間を区切られると、
何か描かなければとあせります。
花瓶の花もそんな状況で描き始め、次の数分で影を付けたり、
ある部分強調したり~、と描かれたのが花瓶の絵です。

昨日は珍しく暑くて、と言ってもエアコンの無い我家の室内で24度、
日本に較べれば涼しいですね。
バンクーバーで外でスケッチできるのは、夏の間だけです。
もう一度ぐらい、楽しみたいと思っています。
<< 今年の花火ーHonda Cel... 紫陽花の季節 >>