夏の小旅行―サンシャインコースト (初日)

先週、23日の小旅行に行ってきました。行く先は、サンシャインコースト。3年前の夏の始めに、日帰りで潮干狩りに行ったところ。お誘い下さった友人は、ヨットが趣味の海の達人Mさん。

私は釣りも貝取りも趣味ではないのですが、周りで写真を撮ればよいと考えて、行くことにしました。

サンシャインコーストは、BC州の南西部に位置し、バンクーバーから見ると北西の方向にあります。地図で見ると、バンクーバーとは陸続きなのに、入り組んだ海岸線や複雑な地形のためにフェリーで行くしかないという、ちょっと不便なリゾート地です。

旅行の初日の午前中、Mさんの家に集合し、5人のメンバーが2台の車に乗り込みます。

行く先は、ホーシュベイ(フェリー乗り場)、フェリ―に乗れば40分で対岸に着くのですが、混雑の為、2時間程フェリーを待つことになり、お昼のお弁当は、フェリー乗り場の近くの海辺の公園で食べたり、お店を覗いたりして時間をつぶしました。

フェリーに乗れば40分で着いてしまいます。窓から海の景色を見ながら、これから過ごす楽しい時間に思いを馳せ、

e0026906_03552228.jpg

ようやく寛いだころに、もう目的地に着きました。

フェリーを降りて、車に乗り3040分後に宿泊予定のモーテルに到着。このモーテルは裏がすぐ海で、ヨットやボートが停泊できるようになっているのです。

e0026906_04030958.jpg

それぞれが部屋で海に出る支度をして、外に出た時は夕方。Mさんが車で運んできた、ゴムボートとカヌーを組み立てたり、空気を入れて使用可能にするまで少し時間がかかりました。

e0026906_04051719.jpg

カヌーに乗り込んだのは、夫と友人の2人、私は友人2人と共にゴムボートに乗り込みました。友人の一人はMさんです。

e0026906_04224250.jpg

ゴムボートは、蟹トラップ(蟹を捕獲するための箱)が3つ積んであり、蟹が沢山いそうなな沖の海に沈めに行くのです。Mさんがモーターのエンジンをかけてボートを沖に進めます。ちょうど夕陽が傾き始め、オレンジ色に海面を染めています。

e0026906_04061716.jpg

ボートが対岸に近づくと、餌を仕掛けた蟹トラップを一つづつ少し離れた場所に沈めます。私ともう一人の友人はトラップの準備を手伝いました。

既にその頃は、夕日は完全に沈んで。急に空気が冷えてきました。周りには他のボートも船も見当たりません。見えるのは他の人が沈めた蟹トラップのブイが海面に浮いているだけ。

とうとう3つ目のトラップを沈めた時は、周囲はかなり薄暗くなり、ちょっと心細くなってきました。

ようやく岸に帰るために、モーターにエンジンをかけて、ハーバーに戻ります。ボートが岸に近づくにつれて心細さも消えていきました。

e0026906_04095016.jpg
モーテルの部屋に戻ったころはすっかり暗くなっていて、時計を見ると9時を回っていました。簡単に夕食をとった後は、おしゃべりとカードゲームを楽しみました。カードゲームに興じたのは何年ぶりでしょう。

明日は蟹の収穫と潮干狩り、どれだけ獲れるか楽しみです。


[PR]
by amtask | 2017-08-18 04:32
<< 夏の小旅行―サンシャインコース... バンクーバーの夏 イングリッシ... >>