2018年の嬉しいサプライズ

昨年の12月 MSPMedical Service Plan-公的健康保険)の保険料を3か月分支払ったのですが、請求書を見ると、請求額が前回支払った金額の半分になっていました。

前回の支払いで過払があったのか、不足があったのか、などと疑問に思いながら支払いを済ませ、そのまま忘れていたのですが、今年に入り、友人との雑談の中で、その理由がわかりました。

昨年7月のBC州の議会選挙で、過半数に1議席届かなかった与党のBC 自由党がようやく第一党を確保したのですが、その後、野党の新民主党と緑の党が政権奪還のため連携し、議席の過半数を占める結果になりました。そこで、16年ぶりの政権交代となり、2017718 BC NDP. (新民主党)のJohn Horgan氏が、新しい州首相に就任することになり、彼の選挙公約である、健康保険料の減額・新しく建設された有料の橋の無料化・BCフェリーのシニア料金の一部無料化が施行されたのです。

橋もフェリ―もBC州の住民のうち、利用するのは一部の人達ですが、MSP(健康保険)の保険料は、BC州の住民である以上、支払う義務があるので今回の保険料減額のインパクトは大きいと思います。

政権交代で、橋の無料化とBCフェリーのシニア料金の優遇は知っていましたが、MSP保険料の減額は、政権交代とは結びつきませんでした。

友人達の話では、保険料半額になるのは嬉しいけど、いずれ保険料が不足するのではないか、また政権が変わったら、保険料は元に戻るとか増額されるかもしれない、という意見でした。

確かに、私達が移住して12年経つのですが、MSPに加入した直後の保険料か2人で月額100ドル未満だったのが、去年は150ドルまで増額されていたのです。医療費(歯科診療と薬代は除く)がすべて無料で受けられるカナダの健康保険、高齢化に伴い、保険料を上げざるを得なかったのでしょう。それなのに、選挙公約を守り健康保険料を半額にしてくれたJohnHorgan 氏に感謝しなくてはなりません。

選挙公約はかならず守るというカナダの政治家、庶民の私達にも分かり易くて、たとえ将来保険料が上がっても、納得できる政治かも知れないと思ったのです。


[PR]
by amtask | 2018-02-03 16:00 | ◎ ひとり言 | Comments(4)
Commented by semineo at 2018-02-03 22:24
こんばんは
嬉しいお話ですね、
此方は只今、税金の申告の時期です。

日本の議員さんは、庶民の懐よりも、私腹を肥やす方ばかり、
しかもお国の財産を私物化して、親しい方に・・・
義務とはいえ、しっかり納税しても戻る事がないのです。
羨ましいお話に、ちょっと言いたい事言ってしまいました。
Commented by amtask at 2018-02-04 03:26
senimeo 様
おはようございます。
春は日本もカナダも確定申告の時期ですね。
大事な税金の使われ方、とても気になります。
大分以前ですが、一度決まった消費税の改定(増額)が問題になり、再投票の結果、元に戻ったことがあります。
その時、驚くと同時に、カナダの政治は分かり易いと思いました。
分かり難いと、多民族のカナダでは収集がつかなくなるからかも知れません。
今回の措置は、公約を守るという当然のことですが、分かり易くて納得できる事だと思いました。
日本の政治家も、色々な疑問を国民に分かり易く説明しないと、納税もスムースに行われなくなるのでは、と思います。
Commented by rabbitjump at 2018-02-05 08:49
安くなっているとは嬉しいことですね。
税金もきちんと使われていればいいのですが、透明性がなく
どこに使われたかがわからない、では困りものです。
自然災害が多くそのうえまだ原発の後処理もままならない
日本ではこれからの税金加算がとても気になります。
Commented by amtask at 2018-02-06 11:07 x
rabbitさま
こんばんわ。
保険料の減額は嬉しいですが、よく考えてみれば、
今までの保険料が高すぎたのか、現政権が公約だから仕方なく、一時的に減額したのでしょうか。
やはり、増額にしても減額にしても、国民が納得できる説明が必要だと思います。
日本とカナダの大きな違いは、不満があれば国民が黙っていないのがカナダだと思います。
原発の後始末の費用まで税金で、と考えると気が遠くなります。
<< 足踏みしている春 春の兆し >>