足踏みしている春

2月入っても雨が多いバンクーバーでしたが、2月も半ばになると、少し日が長くなり、花も咲き始め、時々春の気配を感じるようになりました。

2月の中旬、数年間から始まった祝日Familyday(家族の日、今年は212)3連休もあり、それに続いて毎年恒例のバレンタイン・デイが続き、人々の気持ちも春を向かえる気分になってきたようです。

外を歩くと、前回見た時はまだ固い蕾だったスノードロップの蕾が、膨らんできました。時々通うArt class の近くにスノードロップの群生が見られるので、その前を通るのが楽しみです。

e0026906_08550549.jpg
雨の合間に日が射すと、虹も現れるようになりました。

虹は、未だ雨が完全に上がらない状態で日が射すと見られるのですが、タイミングよく目を窓の外に向けた時にしか見られません。ほんの数分後には消えてしまうのですが、その日は運よく、大きな虹の一部分が見られました。

e0026906_08553207.jpg

昨年の今ごろ、雪が多く色々なイベントが延期になったり、取りやめになったりしましたが、私が計画した絵の大先輩や仲間を招いての昼食会も、大雪で中止になってしまったのです。

そこで今年こそはと再び企てて、ようやく実現しました。仲間のお一人はインフルエンザで欠席でしたが…。

まだ2月でしたが、日本から持ってきた土鈴のお雛様を飾ってみたり、お正月に飾ったお花も萎れてしまったので、カランコエの赤い花を買って来たり、ちょっとお部屋も春らしくした積もり。

そして水彩画の大先輩の方、トールペイントの先生もなさっているのですが、ご自分の作品を持って来て下さいました。さすが先生の作品、素敵です。

e0026906_08555684.jpg

何だか殺風景だった我家の居間にも、急に春が来たようです。

この3連休で、3組のお客様が訪ねて来て下さり、食べたり喋ったり、ゲームをしたり、春を先取りしたような時間を過ごしました。


でも次の週末、何と大雪が降ったのです。

郊外の友人の家のパーティーに参加したのですが、帰り支度をしてドアを開けると、外は夜目にも真っ白な雪景色、横なぐりの雪が舞っていたのです。私が夕方、この家のドアを開けて入った時、雨も上がっていたのに、まさかの大雪!

春は足踏みしてしまったようで、翌日は晴れても寒い冬に逆戻り。春はまだ未だしばらくお預けのようです。


[PR]
by amtask | 2018-02-20 09:10 | Comments(4)
Commented by rabbitjump at 2018-02-20 09:52
見事なスノードロップの群生ですね。
春の空気を感じます。
虹も大きいですね~
やはり大陸の虹はダイナミック?

お雛様のほっこりとかわいい姿は
心も安らぐ春を思います。
もうすぐと思いながらも
雪が降ったのですね。
東京もちょっと温かいと思ったら又寒さが来ます。
三寒四温、春待つ日々です。

Commented by semineo at 2018-02-20 22:01
スノードロップは可愛くて大好きな花です。
我が家はたった一本だけ咲き、とても愛おしく思っていましたのに、
群生して咲くと素敵ですね。
来年は球根を買って増やそうかな?

虹の風景、素晴らしいですね、
眺めの良いお住まいを思い出しています。

お雛様を飾ると気分も春ですね。
三寒四温を繰り返し春もそこまで、
こちらは梅の花が咲き始めました。
Commented by amtask at 2018-02-21 02:16
rabbit様
おはようございます。
最近少し晴れてきましたが、寒さが戻ってきてしまいました。
スノードロップ、スタンレーパークまで行く時間がないので、
近所のフロントガーデンや、大きなお屋敷のお庭に咲いているのを見て楽しんでいます。
小さな土鈴のお雛様、今は亡き姑さんが旅行のお土産に買って来てくれたもの。
小さいのでカナダまで持ってきました。
もうすぐひな祭りですね。お雛様、今でも大好きです。
Commented by amtask at 2018-02-21 02:33
semineo様
おはようございます。
スノードロップ、ここにきて初めて見た時は感激しました。
群生して咲いている傍の歩道の片隅に、こぼれるように咲いているのを見て、
種が散ったのかと思いましたが、球根だったのですね。
虹は、色々な場所に現れるのですが、写真の虹はちょうど良い場所に表れてくれました。弧の根元まで見えたのですが、そこにいる人は、自分が虹の中にいることに気付いているのかしら?
等ととりとめもないことを考えながら、消えゆく虹を眺めました。
<< バンクーバー不動産バブル(その... 2018年の嬉しいサプライズ >>